新車購入予定の人に役立つ情報サイト

実際に必要な費用は

新規か買い替えか

社会に出るのを機にマイカーを持つ人の場合、まったく新規で購入するケースが少なくありません。
一方、長年車のハンドルを握ってきた人の場合は、追加で購入するほか、所有している車を買い替えるケースもあります。

このような理由から、車の購入にともなう初期費用は、手放す車の有無によっても大きく変わってきます。

また、現在乗っている車を下取りに出すか、買取専門業者に買い取ってもらうかによっても価格が異なります。
さらに、初度登録年度や次回車検までの期間、見た目がキレイかどうかなど、車の査定額にはいろいろな要素が絡んできます。

車を購入するときは、新しく迎える車に関心がいきがちですが、手放す車をよい状態にと持つことも大切です。
その結果、車購入時の費用軽減につながることを把握しておきましょう。

車の大きさなどにもよる

購入する車の大きさによっても諸経費が変わってきます。
これは、車の購入時に掛かる費用だけでなく、所有するために必要な維持費を考えることが大切です。

結論からいうと、より排気量の小さい車を購入したほうが何かとお得です。
そのひとつに自動車税(軽自動車税)があります。
軽乗用自動車の場合は年間10,800円ですが、自家用乗用自動車を選ぶと、最も排気量の小さい1リットル以下でも29,500円掛かるからです。

自動車取得税や自動車重量税の支払いも必要です。
自動車関係税制は日々変化していますので、車を購入する前には確認することをおすすめします。
 
もちろん、自動車保険の保険料も見逃せません。
こちらは、車種や型式をはじめ、年齢条件や免許証の色などが反映されます。
また、車両特約を付ける場合は、時価額まで入る必要性がでてきます。
大きい車ほど価格が高くなることから、当然、保険料も高くなってきますね。