新車購入予定の人に役立つ情報サイト

購入する際に注意すべきこと

予算や支払い方法は

車を購入するときは、まとまったお金が必要になります。
初期費用には、車両価格だけでなく、税金などの諸経費が要ることもわかりました。
しかし、どれくらいの費用が掛かるのかは、車の大きさによっても異なります。

また、一般的には、中古車よりも新車のほうが割高に設定されています。
そのため、購入する車によっては、100万円どころか、200万円を超える場合も少なくないでしょう。

車の購入には自動車ローンを利用する方法があります。
その場合、諸経費を含めて借りることも可能です。
しかし、諸経費分や頭金を用意することによって、返済の負担軽減にもつながります。

なお、自動車ローンを借りるときは、金利の安さから金融機関がお得です。
しかし、借入に際してはいろいろな条件もありますので、車の購入先で相談することをおすすめします。

購入時期も大事なポイント

自動車ローンを借りて車を購入する場合、月々の返済が待っています。
そのため、収入とのバランスを考えながら、ローンを組むことが大切です。
また、車の購入後は、ガソリン代など日常的な費用だけでなく、まとまったお金が掛かることも知っておきたいところです。

自家用乗用自動車(軽乗用自動車も含む)を新車で購入した場合、最初の車検は3年後ですが、それ以降の車検は2年ごとにやってきます。
また、自動車税・軽自動車税は毎年5月に支払いが必要です。
自動車保険は1年契約が主流ですが、こちらもまとまったお金が掛かりますよね。

これらの費用のうち、絶対に動かせないのは自動車税・軽自動車税の納付期限です。
この時期に、車検費用や自動車保険料の支払いが重なると、経済的にも厳しいかもしれませんね。
それだけに、車を購入時期は、より慎重にする必要があるのではないでしょうか。